れもんす 40代主婦のお気楽日記ブログ

40代主婦が書くメンタル・wordpress・家事・占いなどの複合お役立ちブログ

赤ちゃんが地面の感覚を楽しむ イメージ画

西洋占星術

1ハウス は自分とは何者なのか がテーマとなる場所

更新日:

1ハウス 自分は何者なのか?がテーマとなる場所。ホロスコープハウス の1番目 についてまとめてみたいと思います。

西洋占星術のホロスコープ で見る1ハウスの役割 や特徴 とは?1ハウスは自分自身を理解する上で重要な場所 と言われています。その辺りも書いてみたいと思います。

 

れもんす
占いに興味がない人は 雑学程度に読んでいただければ…(;^_^A

 

1ハウス は自分自身を表す場所

 

1ハウス 自分とは?のイメージ画

 

ホロスコープの1ハウスは、自分自身を表す場所 と言われています。自分とは何者なのか?というテーマが1ハウスにあります。

基本的な性質 や、体の特徴 もこの場所で確認することができるという人もいます。

 

ホロスコープで重要と言われている4つのポイント のひとつです。

 

個人的には、4つのポイント をいつも重要視していないため、改めて4つのポイントが重要だという箇所を読むと、そういえばそうだな…くらいに思ってしまうのですが…。

 

れもんす
…鑑定士向きでない…^^;?

 

人は、多面体の球体 のように、いろいろな部分を持ち合わせています。ライトが照らされたとき、環境や状況の変化によって、ひとつの面がクローズアップされ、見る人によっても、自分自身の感じ方も、異なること があるかと思います。

 

人には多面体の球体のように、様々な側面がある

https://pixabay.com/

 

簡易化された読み方 は、読み手にとっては楽 です。

けれど面白みに欠けるなぁ、とつい思ってしまいがちな私です。また個人を 簡単にカテゴリー分けする のは、ビジネスなどでは有効かも しれませんが、その人個人を尊重する発想ではないとも思うときがあります。

 

れもんす
そう書くと 自分がいい人 みたいだなぁ…?

 

ビジネスでは 様々な人とお付き合いする訳ですから、ちょっと自分と違うパターンの人と出会うとき、カテゴリー分けして、自分と相手を 分別して、混乱に巻き込まれないようにする こともあります。

ときには、むかっとしてしまい、「○○は、ああいうタイプだ~」なんて、心で処理してしまうこともあります汗。時間が経って 冷静に自分の感じ方について訂正したりする とき、多面体の発想を使って 自分にも相手にも思いやりの気持ちを持つ …みたいな感じです。(;^_^A

 

という理由で、個人的には、4つの感受点をメインに繰り広げる読み方ではなく、いろいろな角度からホロスコープを読むことが好き みたいです。

 

ハウス のストーリー性

 

ハウスは12ある。と前回、西洋占星術の基礎 基本的な用語 のまとめ でも書きましたが…。

1から12までのハウスは、それぞれひとつの人生を生まれたとき からあの世に進むまで の成長過程を区分けしたもの。

もしくは、人生の各ステージで経験するテーマを体験する ときに生まれる感覚 や状況 。…とでも言えばいいのでしょうか?

 

個人的にはハウス とは、そういうイメージ があります。

 

ハウスをより細かく区分けした方法で、1ハウスを三分割し さらに10分割した読み方 を取り入れた サビアンシンボル というものがあります。簡単に説明すると、ホロスコープを360で分ける方法です。

それぞれの数字は 度数 と呼びます。

 

1ハウスの場合、1度から30度となります。サビアンシンボルの場合、ハウスではなく サインを用いるのですが、ハウスのイメージを膨らませるには、サビアンシンボル を学ぶとより一層、わかりやすいのではないかなぁと思います。

1ハウスの対応サイン は「おひつじ座」となります。

 

サビアンは 人生の物語

 

1ハウスは、サビアンのおひつじ座1~30までのストーリーとなっています。

集合意識の世界から、現実の世界に飛び込んだ主人公が初めて味わう感覚に驚き と感動 を実感するところからスタートします。

 

赤ちゃん 喜ぶ

https://pixabay.com/

 

まだ自分という存在に気づいていなくて、目に映るもの全てが衝撃的 で面白かったり、びっくりしたりの経験をする過程です。

生まれた赤ちゃん が初めて経験するときの様子 と思うとイメージできるのではないかと思います。

 

ちょうど金曜日に、ディズニーの映画「インサイド・ヘッド」が放送されていましたが、1ハウスの物語は、あの映画と似ている と個人的に思いました。

 

インサイド・ヘッドは、生まれた瞬間 に5つの人物 が頭に住み着く という面白い設定です。

「ヨロコビ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」「カナシミ」という感情がそのまま名前になった人物たちです。ライリー という11歳の少女 に住み着いた彼らのストーリー となっていますが、彼らの働きによって、ライリー に変化が起こります。

生まれたときから、思春期に突入するまでの 成長期物語 でもあります。

 

この映画に登場する ライリー が体験し味わう感覚や感情 と、サビアンシンボルのおひつじ座1から30のストーリー はどことなく似ていると感じました。

よかったら、両方のストーリーを比べてみてくださいね^^。

 

余談ですが、インサイド・ヘッドのような心理学的な文章を発表した人がいます。なかなか面白い発想です。本のタイトルが「ニュー・アース」です。エックハルト・トールさん という方が描いたものです。

思考や感情という生き物が、自分の中に存在して自分の意志とは別に動き出すという話です。映画のような爽やかさ はありませんが、ちょっとだけ、映画の設定と似ている部分があります。

 

1ハウスで読み取ること

 

以上のことから、1ハウスのテーマは「自分」となります。

自分を通して世界を知る。もしくは目に映る世界を通して自分を知る。です。

1ハウスは必ずおひつじ座 になる訳ではありません。

自分の1ハウスの状況を知るには、ハウスに留まっているサインや、サインの支配星※、天体を確認すると、1ハウスが影響を受けているもの が分かってきます。

このハウスを理解すれば、自分の持って生まれた性質や生まれた環境 や、身近な人に見せる顔など を客観的に知ることができるようになる でしょう。

 

※サインには、それぞれ対応する 天体 や 数字 などがあります。サインに対応する天体のことを支配星 といいます。

 

 

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼

ブログランキングに参加しています。良かったら応援してくださいね(*'ω'*)

人気ブログランキングへ

 





スポンサーリンク





スポンサーリンク

れもんすのちょっと息抜き場所の「blog」も執筆中…

ディープな世界観「スピリチュアルinfo」も良かったらどうぞ^^

follow us in feedly

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へにほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ

-西洋占星術
-,

Copyright© れもんす 40代主婦のお気楽日記ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.